お金の不安を解消できるブログ
お金の不安を解消できるブログ > 住宅ローン > 本当にその住宅ローンを組んで大丈夫ですか その1

本当にその住宅ローンを組んで大丈夫ですか その1

こんにちは。
FPオフィスMRGの中根です。

 

住宅を購入する理由の一つに、「家賃だと何も残らないが、住宅ローンだと財産が残る」事が挙げられる事が多いです。

 

ローン返済額とセールストーク

ある新築マンションのホームページには、35年の住宅ローンについて以下のとおり載っていました。

・ 100万円借りると、月2,651円の支払い。
・4500万円ですと、月119,821円の支払い。(それぞれ約45倍)

 

「月12万円家賃を払うならば、ほぼ同じ負担で4500万円の物件が買えます」と言うのが販売業者のセールストークです。

 

セールストークに潜むワナ

この計算は、確かにその通りです。ただ、この返済額は、「金利0.625%で35年ローンを組んだ場合」の金額なのです。

 

確かに、今(平成29年)住宅ローンを組むと金利0.625%で借りることが出来ます。ですがこの金利は“変動金利”です。

 

変動金利は、その名が示す通り「金利が変動」します。長期金利の動向により、金利が変動することになります。金利上昇のリスクは非常に大きいです。試しに金利が3.0%になるとすると、月の返済額は17万3千円強になり、4%になるとほぼ20万円になります。

 

20年くらい前は、「住宅ローン金利3%」でした。かなり昔の話と思われるかもしれませんが、35年の住宅ローンについて考えているので、リスクとして頭の片隅に置いておく必要があると思われます。


トラックバックURL

https://fp-mrg.biz/2017/08/25/0001.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です