お金の不安を解消できるブログ
お金の不安を解消できるブログ > 住宅ローン > 本当にその住宅ローンを組んで大丈夫ですか その2

本当にその住宅ローンを組んで大丈夫ですか その2

こんにちは。
FPオフィスMRGの中根です。

変動金利で住宅ローンを組むことは疑問ですが…

先日は「住宅ローンを組める」という言葉を、将来の金利上昇というリスクの面から疑問視しました。ただ、例外ですが住宅ローンを組むチャンスの方がいます。

 

それは、「10年以内に住宅ローンを完済できる方」です。
長期金利上昇のリスクは変動金利ですので当然ありますが、今の経済情勢を考えると10年で大幅に金利上昇することは考えにくいです。「金利が上がる前に返済が終わる」見込みが高いと言えます。

 

いくらくらいまでOKか

さて、金利 0.65%で毎月13万円弱を10年間返済する住宅ローンを具体的に計算すると、「1500万円」借りることができます。

新築物件を1500万円で購入することはかなり難しいですが、中古物件を購入する場合でご両親からの援助が期待できる場合等結構該当する方がいらっしゃるのではないかと考えています。

 

ご両親からの援助に関しては、法令の定める条件に合わせることで劇的な節税効果があるのですが、長くなるのでまた後日。


トラックバックURL

https://fp-mrg.biz/2017/08/28/0002.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です